© 1999-2019  SAXZ MOUTHPIECES & SAXOPHONES

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
Featured Posts

Masato Honda

June 3, 2017

 
音楽教員の両親の影響で、幼少から音楽に興味を持ち、小3でサックスを始める。国立音大時代にはジャズオーケストラに所属。山野ビックバンドジャズコンテストにて初出場で初優勝、最優秀ソリスト賞を受賞。そして在学中から「原信夫とシャープス&フラッツ」のリードアルト奏者を務める。卒業後は、日本のトップアーティストのツアーをサポートするかたわら、レコーディングミュージシャンとしてジャンルを問わず多数アーティストの作品に参加。1991年フュージョングループ「T-SQUARE」に加入。バンドのフロントを飾ると共に、作曲、アレンジの面でも新風を巻き起こす。1998年、T-SQUAREを退団、ソロアーティストとして活動開始。自己名義のバンド以外にも、「Witness」「B.B.Station」「Four of a Kind」「Voice Of Elements」等のプロジェクト、そしてマリーンとのコラボアルバムではビッグバンドアレンジからプロデュースまで担当するなど、その活動形態は多岐に渡っている。08年には8枚目のオリジナルアルバムをソロ作品としては初となるロサンゼルスレコーディグをBob Jamesらと共に行う。このようなアーティスト活動を中心にしながら、多数アーティストのセッションやレコーディング、アレンジャー、プロデュースなど、多方面に渡って精力的に活動している。09年12月23日には9枚目のオリジナルアルバム『SOLID STATE FUNK』をリリース。

producer / composer / playing : saxophone,flute,EWI,and so on

 

Please reload